会社設立にかかる費用と節約する方法について紹介

会社設立となりますと費用がかかります。それがどのくらいのものか気になるという人は多いでしょう。今回はその費用や節約方法についてお伝えします。

定款認証印紙代とは

定款認証印紙代とは、そのままの意味で定款認証の印紙の代金です。そもそも定款とはその設立する会社の規則のことで事業の内容をはじめ基本情報や会社の指針を言い、「絶対的記載事項」などは記載が義務付けられています。

その定款の認証は公証役場で行います。定款が正しいものであることを証明してもらうのです。このようなことは万が一の時に役に立つでしょう。この会社の正当性を証明してもらうという解釈でよいです。

当サービスでは定款認証印紙代がかからない

当サービスは起業家応援のためのキャンペーンを行っております。そのために定款認証印紙代がかかりませんので、その分が節約になります。本来ならば、その費用は4万円ですが、それが0円となるのですから大きいものでしょう。

ご自身でインターネットの電子定款を作成する場合でも印紙代の4万円がかかりません。しかし、素人にとってはなかなか難しいですし、そのようなことに時間を費やすのであれば忙しい会社設立時ですから他の業務にいそしんだ方が良いです。煩わしいことは当サービスにお任せください。

また、当サービスではオンライン申請ですと登録免許税も無料ですからお役に立つのではないでしょうか。こういったことでかなりの節約になっています。そうなると定款認証印紙代のみでなくもっと安くなるのです。

会社設立にかかる費用はどのくらいか

一般的に会社設立にかかる費用は約25万円です。うちわけは定款認証印紙代や定款認証量料、登録免許税などになります。しかし、当サービスですとこれが約20万円になります。というのも先ほどお知らせしましたように定款認証印紙代、登録免許税がかからないからです。

また、オンライン申請で当サービスは割引もしますので、その分も大きいでしょう。5万円の節約はなかなかのものです。その分は設立に必要な費用に回せるのではないでしょうか。そのあたりをよくお考えになって会社設立の費用を見直されることをお勧めいたします。

定款認証や登記申請は当サービスの司法書士が行う

当サービスには司法書士もおりますので、定款認証や登記申請はお任せください。個人で設立する場合の違いはここなのです。自分自身で司法書士を探して依頼するとなると時間も費用もかかるものです。

しかし、当サービスですと司法書士を探す必要はありませんし、先ほど書きましたように無料のサービスもあります。そういったことで時間とお金の節約になることをお考え下さい。

当サービスが皆さまのお役に立てれば幸いです。

まとめ

会社設立には約25万円かかりますが、当サービスご利用で5万円ほどの節約になります。当サービスをお役立て頂ければ幸いです。